ダーウィンの進化論

皆様、こんばんわ。
久しぶりのブログ更新になりますが、今年も宜しくお願いします。
今年は最低でも月3回は更新していきます!!

さて、今日はジャルマ( www.jrma.net/ )という30年も歴史がある家主さんの会の新年会に参加してきました。
そこで、副代表理事の山口オーナーがあいさつされていた言葉に、強く共感しました。

そのあいさつとは...

「これからの時代は、『ダーウィンの進化論』にあるように、生き残るのは、強い人間でも賢い人間でもなく、変化に対応できる人間なのです。賃貸業も時代の変化に対応できることが重要になってきます」

でした。
このあいさつは奥が深いです。
誰が、この賃貸業界で強い立場かとか、儲かるように賢く商売するとか、こんなことを優先して考えるよりも、時代によって変化する市場のニーズ、つまり入居者のニーズを読み取り、対応していくことが重要だということなんだと思います。

全国で家主が主体となって活動する家主の会が増えていることを、あまり歓迎しない不動産会社の方もいるでしょう。
家主が勉強すると、商売がやりにくくなると、危機感を覚えないでください。
どうしたらこの賃貸業界を活性化できるか、一緒に知恵を出して考えられる環境になったんです。

今こそ、不動産会社、家主、そして建築会社(設計者)らが共に協力しあって、「賃貸は持ち家よりも下」という認識を吹っ飛ばして、魅力的な市場にしていきましょう!!