大谷清オーナーは高齢入居者に敷地内の菜園で獲れた野菜をプレゼント

築40年を超える文化住宅2棟を所有する大谷清オーナー(大阪市)は、敷地内の菜園でトマトやナス、キャベツなど、常時10種類程の野菜を育てて収穫物を入居者に配っている。「入居者は高齢な方ばかり。買い物に行くのも大変だろうと思い、3年前から野菜配りを始
めました。野菜は家族で食べる分だけ作るというのが難しいです。配ると残さずに消化できるので丁度良いです」

※写真はイメージです。