中馬政光オーナー、トラブル続きの工事完成まで油断することなかれ

「ようやく完成が見えてきたよ」と語る中馬政光オーナー(63)(大阪市)。自宅裏に所有する築40を超える文化住宅のリフォームを始めて早10カ月。当初はこんなに時間がかかる予定ではなかったのに、諸事情から工事を一時中断するなど、なかなか予定通りに事が運ばなかった。接道が小道のため、裏の駐車場から部材を運び込むなど工事は難航したが、ようやく苦労が報われる時が近づいてきた。「完成したら息子が経営していたバーの跡地で祝いでもしよう」と、本人の心はすでに打ち上げに向いているようだが、想定外
の工事が続く事態に、周囲は「完成するまで油断することなかれ」とアドバイスするのだった。