遠藤清オーナーの趣味の域を超えた芸術作品! 個展に貸し出す美術家地主

埼玉県北葛飾でアパートを4棟所有する遠藤清オーナーの趣味は絵画を描くことだ。その腕前は玄人はだしで、板にアクリル絵の具で描く鳥のキャラクター「ぴーちゃん」は、高額で取引されるとか。例えば個展に2週間貸し出すと費用は60万円也。額縁も木の板で作るというこだわりで、材料費だけでも20万円以上かかるそうだ。制作日数は、2、3日。「家族には妄想家といわれるのですが、絵を描くことで、イマジネーションを豊かにしていると、次はこんなコンセプトで物件をリノベーションしようという意欲にも繋がりますよ」とニッリ。