吉田幸一オーナー、賃貸経営用の便利ツールLINEスタンプ制作中(神奈川県横浜市)

専業オーナーになる前はデザイン会社に勤務していたという横浜市の吉田幸一オーナー。(40)。職務経験をいかし、携帯端末無料通話アプリLINEのスタンプ制作を開始。市内にある20戸の賃貸マンションを自主管理しているため、入居者とLINEで連絡を取る
ことが多かったことが、スタンプを作ろうと思ったきっかけ。「家賃のお振り込みありがとうございます」「入金が確認できていません」など、家主業の“あるある”を中心にスタンプ制作中だという。