山本悟オーナー、家主仲間で山を走るトレイルランチーム結成(東京都杉並区)

法人向けのソフトウェア開発を行う山本悟オーナー(東京都杉並区)の趣味は、山を走るトレイルランニングだ。家主仲間の大野洋亮オーナーに誘われて始めた。仲間を募り始めた3年前からメンバーも徐々に増え、グループ名を「スポキチ」とした。現在は20名ほどで、高尾山や陣馬山を走っているそうだ。高尾山を徒歩でふつう1時間半かけて登るところ、山本オーナーは30分で走って登る。「まだまだチームメイトの中では下から数えたほうが早いぐらいのタイムですが、来年はタイムを縮めるために頑張ります」と意気込みを見せた。

※写真はイメージです。