注目記事! 第1特集 高齢入居者市場

高齢者人口が増加する中で、大手損保が高齢入居者をサポートする保険商品の販売を始めた。三井住友海上と、あいおいニッセイ同和損保による共同開発だ。また、大手不動産管理会社が続々と高齢者入居受付の仕組みづくりに乗り出した。約86万戸の賃貸住宅管理戸数でトップの大東建託や、首都圏や関西で約7万5000戸の賃貸住宅を管理する東急住宅リースが、昨年、新サービスの提供を始めたのだ。今号では、損保や管理会社が新商品投入で注目する、高齢者市場について検証する。詳細記事は、大好評発売中の2月号をチェック!