山岸敏彦オーナーが、北欧の魅力を伝えるために奮闘中

東京・神奈川に3棟のアパートを所有する山岸敏彦オーナー(横浜市)。築
30年のアパートの1室をリノベーションすべく、本屋に通う日々が続いているのだという。「考えているのは北欧風のテイストです。建築関係の本で、費用について調べています」。山岸氏自身、仕事でスウェーデンやノルウェーに何度か足を運んだことがあり、木の温もりあふれる現地の住宅デザインに感銘を受けた。所有物件を使って、日本人にその感動を伝えたいのだという。2016年3月末完成をめざして目下奮闘中である。(2016年2月取材)

※写真はイメージです。