村田佳子オーナーを中心に家族に障がい者を持つ場合の有益情報を学ぶ

村田佳子オーナーが代表を務める、とちぎ大家の会は、1月16日、定例勉強会を開催。ハートエントランスの会議室に参会者13名が集まった。今回のテーマは家族信託。財産管理の一手法であり、財産を「守る」「活かす」「継承する」できるものであり、障がい者がいる場合に役立つ「福祉型家族信託」というものもあると学んだ。終了後は昼食を食べながら参加者全員での情報交換会。自分の物件のリフォームの話、ネット無料の話と大変な盛り上がりだった。次回は3月16日、「賃貸オーナーとして知っておくべき税金の話」をテーマに開催する。

__10