定岡剛オーナーは投資をするならマンションよりも馬

「去年は競馬で蓄えたお金でエントランスの工事をした」と語る、定岡剛オーナー(台東区)。競馬歴は35年、年に100回以上は競馬場に足を運び、賞レースを楽しんでいるという。「たまたま去年は勝てたレースが多かっただけで、トータルで見たら、大赤字ですよ。今までつぎ込んだお金があったら、マンションはもっとよいものになっていたかもしれない」一瞬、後悔する様子も見せた定岡氏だが、後ろのポケットには、赤ペンでチェックの入った競馬新聞がささったままでは、説得力に欠けるのだった。