グローバル不動産投資家 鈴木学氏がバンコクの魅力を解析

グローバル不動産投資家 鈴木学オーナーが東南アジアの魅力が詰まったバンコクに大注目 !

 

鈴木学オーナーが主宰するアジア太平洋大家の会は、2月5日、TKP天神カンファレンスセンターでバンコク高収益物件運営セミナーを行った。講師は、バンコクで日本人オーナー向けAir BnB管理で実績をあげる北浦社長。ASEANの中心都市として発展するタイ・バンコク、市内中心部のコンドミニアムを購入し、Airbnbを活用した高収益賃貸経営のチャンスがあるという、最新のビジネスが紹介された。

Photo参加者からは、「東南アジアは注目の市場だというのは周知だが、実際の運営実績やオススメ物件を紹介してもらうと、ますます興味がわいた」と、刺激をうけたようすだった。鈴木氏によるバンコク不動産市場解説もウケた。「バンコクでは、東京と同じく、強い駅と弱い駅の格差がある」「同じ駅の徒歩5分でも、道路の利便性によって家賃に2倍の差が出ることがある」というエピソードが披露された。Air bnbと、現地の管理会社を上手に使えば表面利回り8~10%での運営も十分可能で、実際に高収益をあげている日本人オーナーも相当数いるということだ。