小川和己オーナーが儲けは出ないのにやめられないアレ

東京都狛江市にマンション約10棟を所有する小川一夢オーナーは、大の犬好き。それが高じて開発したのが、犬に引かせて走る三輪車「Big Fun Rides!」(ビッグファンライズ)だ。シベリアンハスキーなど、そりの牽引が得意な犬を三輪車にリードでつなぐと、犬たちが一目散に走るので、乗っている人はペダルをこぐ必要がないというものだ。価格は1台あたり5万円前後だが、手間やコストがかかるわりに利益がほとんど出ない。販売しても間もないうちに製造を打ち切ろうと考えていたものの、かれこれ18年がたった。小川オーナーは、「身体障がい者や、自閉症でも漏れる。彼らの親御さんから感謝されると、どうしてもやめられなくて」と、複雑な胸中を語った。(2016年3月取材)

※写真はイメージです。