浦安大家塾、話題のカードゲーム「カモネギ脱出ゲーム」体験

谷本真オーナーが主宰する浦安大家塾は3月13日、不動産投資家養成ゲームである、「カモネギ脱出ゲーム」を開催した。参加者は6名。 「カモネギ脱出ゲーム会」とは物件を購入して10年間運用し、最後に売却するまでを疑似体験できるカードゲームで、不動産投資・アパート経営を学びたい参加者には最適だ。 「キャッシュフローツリー(実際に手元に残るお金を計算するもの)を頭だけではなく、実際に手を動かすことで理解できた」と参加者から大好評だった。 ゲームの流れとしては実際にアパート経営を10年間運用。さらに、10年物件を運営した後で物件を売却する。譲渡所得の計算方法も勉強すると同時に、減価償却の「落とし穴」についても知識を深めることができた。

※写真はイメージです。