とちぎ大家の会で、賃貸オーナーと銀行の上手な付き合い方を学ぶ

村田佳子オーナーが代表を務めるとちぎ大家の会は、3月16日、岸広税理士による「賃貸大家が知っておきたい税金の話」という題目でセミナーを開催した。参加者は13名。 元銀行員である岸会計事務所の所員と会話形式でセミナーが進められた。 「資産家から見た銀行」という基本的な話から始まり、「銀行との上手な付き合い方」「銀行の顧客ランキングの視点」というハイレベルな話題まで議論が展開した。銀行との付き合い方タブー集という、他の人が教えてくれないような話題もあった。 村田オーナーはハートエントランス統括責任者かつ相続アドバイザー・満室対策スペシャリストでもある「セミナーの中でマイナス金利についてのエピソードも聞かれ、とても参考になるお話ばかりでした」と語った。 参加者は「あっという間の2時間だった」「強い決算書の作り方がわかった」「複数の銀行とつきあうか一行とつきあうか、決心ができた」と大満足の様子。 定例会は2カ月に1回のペースで開催している。次回の勉強会は6月14日開催だ。

※写真はイメージです。