喜ばれる大家の会、繁忙期最後のひとふんばり即効果がある空室対策を学ぶ

力石圭司オーナーが主宰する喜ばれる大家の会では、3月19日、大阪市内にて「現役賃貸仲介・管理会社 社長による繁忙期 まだ諦めない!今からでも、間に合う決まる空室対策」と題したセミナーを行った。参加人数は24名。
 エコホームズ大野勲社長を講師に招いた。テーマは「不動産仲介管理会社社長が語る“決まる空室対策”」だ。大野氏は大手フランチャイズ仲介店舗を全国1位に導き、過去19年で管理戸数1000戸を達成した敏腕社長。不動産会社の営業マンが何を考えて行動しているのか、営業マンの1日の流れなどを解説した。
 セミナーの終了後、定例の懇親会では参加者が大野社長の周りに集い、「こういうリフォームを考えているけど客付けは難しいかなあ」「広告費は先払いしたらすぐに決めてくれるかな」と談笑が起こった。
 「さっそく使える方法が盛りだくさんで今から不動産会社に連絡するから帰ります」という声も聞かれた。
 力石オーナーは「今、決まらないと3カ月、半年決まらない可能性もある。今、この時点で行動しないと」と話した。

※写真はイメージです。