(一般社団法人)日本不動産コミュニティー、グローバル経済と賃貸経営の関係性を元地銀融資担当者が詳細に解説

 一般財団法人日本不動産コミュニティー東京第4支部・大川克彦支部長は、3月26日に賃貸経営カレッジ第9回勉強会および懇親会を開催した。 勉強会は二部構成。第一部は海野真也オーナーによる『グローバル経済と不動産賃貸経営』について。元地銀融資担当者であり、運用会社での勤務経験がある海野オーナーが世界の金融・経済界で起こっている現実が不動産賃貸経営に対してどのような影響をもたらすのかについて詳細を解説した。米国経済の強さの秘密、日本と米国の経済構造の違い、ギリシャ問題・中国問題の発生メカニズム、為替変動など難解なトピックを、かみくだいて解説。なかでも2月に日本銀行が実行したマイナス金利が家主にもたらす影響を重点的に話した。オーストラリア・ブリスベンの注目物件をスライドで大公開グローバル経済と賃貸経営の関係性を元地銀融資担当者が詳細に解説 そして第2部では『6000件の退去立会いからわかった! 空室対策はお金よりアイデアです』(セルバ出版)の著者である傍島啓介氏を招いて繁忙期ラストスパートの時期からでも遅くない空室を埋める秘策を学んだ。いかに低予算でリフォームするか、ノウハウに一同納得。

※写真はイメージです。