無口でも営業トップ 「話し下手は関係ない」

大阪市で約100戸所有するオーナー(43)は寡黙な男性だ。本人は「無口は元々の性質だ」と説明するが、20代の頃やっていた電話機器の訪問販売ではちゃっかり営業成績トップを走っていた。「トークが苦手だから、説明用のパンフレットを自作した」などの工夫の余地が沢山あることを強調。職人肌で、壁の張り替えやWEBページの開発などを得意としており、現在の大家業でも生かしている。(2016年4月取材)

※写真はイメージです。