名古屋大家塾、死ぬ前にやることを自覚相続・遺言について真剣に学ぶ

 石黒博章オーナーが主宰する名古屋大家塾は、3月26日、「弁護士が教える相続・遺言」をテーマに勉強会を開催。50名が参加した。 セミナーは二部構成。第一部は「大相続~死んだらどうなる?」。講師は隼総合法律事務所の加藤幸英弁護士が務めた。第二部は「遺言は、今書け! 今日書かない奴が、明日書くはずがない!」という過激なタイトル。具体的な遺言のフレーズが、一同をヤル気にさせた。参加者は「税理士からではなく弁護士から話を聞ける貴重な勉強会でした。死ぬ前にどのように判断し遺言書を書いたらいいのか学んだ」と振り返った。

※写真はイメージです。