大家さん学びの会(R)東京/Airbnb(エアビーアンドビー)経験者がリゾート地の所有物件事情を公開

水澤健一オーナーが主宰する大家さん学びの会R東京は3月5日、東京都千代田区にて定例勉強会&懇親会を実施した。参加者は40名。 セミナーは二部構成。第一部はホームディフェンステックの千葉絵梨香社長による 「メリットばかりじゃな!投資家が知らないAirbnbの隠れたリスク」について。千葉氏は民泊の管理を手掛けた専門家という経歴から現在メリットばかり伝えられている休暇用賃貸物件バケーションレンタルのリスクについて語った。 

 

第二部はインターリスク総研の釜瀬幸一郎主任コンサルタントによる「不動産オーナーの抱えるリスク」だ。賃貸経営が抱えているリスクについて学んだ。Airbnbに強い関心を持つものの情報が乏しく、リスクを考慮して参入に躊躇(ちゅうちょ)していた参加者は多かった。本セミナー参加はAirbnbを前向きに受け入れる機会となったようだ。参加者からは「さまざまなタイプの物件運営方法や体験を聞くことができた。今後も幅を広げて情報収集、勉強を重ねていきたい。」との感想があった。

※写真はイメージです。