ソプラノ歌手の傍ら家主業に専念する菅原久美子オーナー

34戸ほど所有する菅原久美子オーナー(秋田県秋田市)は、賃貸業の傍らソプラ歌手としても活躍する。今週末、都内で行われる100の会合で、その歌声を披露する。当日は、宗教曲やオペラを歌う予定だ。歌が難解で苦労するということはあまりない。しかし、伴奏がつかないためカラオけの要領であらかじめテープに合わせて歌うのは難儀だという。「録音テープのキーは変えられても、テンポは変えられないので、音をためて歌うクラシック曲は苦労しますよ」と話す。(2016年4月取材)

※写真はイメージです。