一回しかない人生、悔いがないように生きる

「東京に戻ってくると、連絡を取りたいとお声がけしてくださる方や、勉強会などを企画してくださる方がいらして、本当にうれしい限りです」と話すのは、ベストセラー本『アパート一棟、買いなさい!』の著書で、3年前に渡米した石原博光オーナー(米国カリフォルニア州)だ。アメリカでも多忙を極めた生活をしているのかと思いきや、家事や育児にも積極的に参加するイクメン。太陽が燦々と照る庭の芝刈りを率先してやり、ジムで体を鍛える毎日だ。「30代のうちはやりたい仕事を現実化するために奔走する日々でした。アメリカに来てからは、日々生きていることを実感しながら、一回きりの人生、楽しんでやろうという思いで生活しています」と目を輝かせる。(2016年5月取材)

※写真はイメージです。