芸術を通じて入居者との交流を深める

シングルマザー用シェアハウスの家主・佐藤奈緒美オーナー(東京都中野区)は、芸術を通じて入居者との交流を深めている。美術館巡りが趣味で、作品の中に自分が持たない感情を発見した時に、魂を揺さぶられる感覚に陥るという。たくさんの人によさを知ってもらいたいと、空いていたシェアハウスの1階をギャラリーとして改装した。ギャラリーは無料開放しており、作品が売れた時だけフィが発生するという。「儲けはありませんが、入居者も楽しみにしてくれているので、続けていきたいです」(2016年6月取材)