趣味を生かした銀行からの融資対策

7年間の不動産投資で約1億8000万円の融資をしてもらったのは、大倉嘉起オーナーだ。融資戦略は単純明快で、大倉オーナーの趣味であるDIYで事務所を改装することにより、リフォーム代を含めた融資をしてもらう際に好印象を与えることが、有利に働くのだという。「これはあくまでも融資戦略の1つ。事務所自体を改装すると、この会社がどれぐらいリフォームできるのかを、ある程度伝えることができるからね」と策を明かした。(2016年7月取材)