30年入居の物件、気になる室内の快適性

金沢市に100戸を所有する瀬尾君彦オーナー。入居者の1割が30年以上住んでくれている物件もあるという。長期入居となると、設備の老朽化や建材に傷みが発生する。「さぞかし不便を感じているだろう」と、2年に1度の更新のたびに機器の交換などを提案するが、断られることも多い。「エアコンさえ交換していない部屋もある。遠慮しているのではと気になって仕方がない」と気をもむ瀬尾オーナーだった。